特定健診

特定健診とは

 おなかの周りの脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常などの症状が、2つ以上重複して発生している状態のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
 その状態を放っておくと動脈硬化症などが進行し、ひいては脳卒中(脳出血や脳梗塞)や心臓病などの命にかかわる病気を急速に招きます。
定期的に特定健診を受けることで、異常を早期に発見し、適切な予防・治療に役立てることができます。

特定健診検査内容

基本的な健診の項目

問 診 既往歴検査/自覚症状・他覚症状検査
身体測定 身長/体重/腹囲/BMI
血 圧 収縮期血圧/拡張期血圧
血中脂質検査 中性脂肪/HDL・LDL一コレステロール
肝機能検査 GOT/GPT/γ一GTP
血糖検査 空腹時血糖/ヘモグロビンA1c
尿検査 尿糖/尿蛋白
血液検査* 血清クレアチニン/尿酸値

*は、保険者によって基本項目に含まない場合もあります


詳細な健診の項目(医師の判断による追加項目)

貧血検査 赤血球数/血色素量/ヘマトクリット値
心電図検査
眼底検査

特定健診の受診の方法

  • お電話での予約(受診券をお手元に準備してお電話ください)
  • 来院して受付で予約(受診券をご持参ください。来院当日の健診が可能な場合もありますので、
      受付でご相談ください)
  • 予約日に受診券・保険証などの必要書類をご持参のうえ、受付をしてください。
  • ご案内に添って健診を受けてください。
  • 健診結果は、後日郵送でお送りいたします。

特定健診の負担金

負担金は保険者によって異なります。
受診券に記載がない場合は、お手数ですがご加入の保険者へお問い合わせください。